English speakerに名前を覚えてもらう3ステップ

イギリスに限らず、海外の人とコミュニケーションを取ることの多い日本人の皆さんが必ず一度はぶつかる壁、それが「どうやって自分の名前をちゃんと相手に発音してもらうか」かと思います。(ジュンとかショウとかナオミとかアイとかエミリとか既に発音しやすい名前、およびその他DQNネーム等で英語っぽい名前の人を除く)

まず、前提としておさえなきゃいかんことは、
非日本語スピーカーにとっては、

発音しにくい名前=覚えにくい名前

てことです。

中国や韓国の人が、English nameを持っていることが多いのはよく知られてますが、
彼らが選んだのは、発音も記憶もしてもらえない名前で名乗ることをやめてみる、という選択肢なのです。

一方日本人にとっては、English nameで名乗る&呼ばれるのは、恥ずかしいからか、自分じゃないみたいで落ち着かないからか、
とにかくEnglish nameを名乗ってる日本人に会ったことは今のところ一度もありません。
ちょっと変な感じの発音になっちゃっても、自分の名前で呼んでもらおうとしてる人が多い印象です。

そしてそれはもちろんMak&Komariも同じ状況な訳で・・・

てことで、今回は、外国人(特に英語スピーカー)にちゃんと覚えて(&発音して)もらえる かも しれない日本語名の表記を考えるための3ステップをまとめてみました!

sumeba141210

STEP 1. ローマ字書きを信じない

ローマ字は日本独自のアルファベット表記なので、日本人以外を相手にする場合は変えた方が良いときもあります。
典型的な、英語の発音と違って聞こえるローマ字表記は RA RI RU RE RO(ラリルレロ)です。

文字にすると気持ち悪いですが、実際発音されてるのを聞くと

RA(ラ)⇒英語発音「ぅらぁ」「ぅわ」
RI(リ)⇒英語発音「ぅりぃ」「ぅい」
RU(ル)⇒英語発音「ぅう」「う」
RE(レ)⇒英語発音「ぅえ」「うぇ」
RO(ロ)⇒英語発音「ぅを」「ぅをぉ」「うぉ」

てな感じに聞こえます。

他にも、「KU」「KE」「KO」「GI」「GE」「TSU」「YU」あたり怪しい気がします。(文字列での位置や前後の組み合わせによって)

STEP 2. アルファベット入れ替えて名前をカスタマイズ!

ローマ字書きへの不審感を高めたところで、自分の名前のローマ字書きをカスタマイズしてみましょう。

あくまでも例ですが(まだ完成じゃないですよ!)、

SHINODA MARIKO さんでしたら、
SHINODA MALICO に変えてみる、とか

MATSUSHITA KONOSUKE さんでしたら、
MAZSHITA KOWNOSUQUE に変えてみる、とかです。

日本人的な感覚で見ると非常に気持ち悪いですね・・・

STEP 3. Google翻訳さんに発音させてみる

字面が気持ち悪いにしろ何にしろ、カスタマイズが完了したらGoogle翻訳で発音させてみましょう。
入力する枠の右下にあるスピーカーのようなアイコンをクリックすると、強烈なアメリカンアクセントによる発音が聞けます。
全部大文字で書くとアルファベットをつらつらを読み上げるだけでむかつくので注意してください。(スペルによっては小文字でも起こりますが)

Google翻訳の音声も100%は信じれない気がしますが、参考にはなるはずです!
てことでSTEP 2.でカスタマイズした自分の名前の新表記を、さらに微修正して完成です。

どうやらGoogle翻訳さんによると、「QUE」はイマイチだったみたいですね。
「ケ」の発音で終わる英単語って何かあったかなぁ、とか考えて再度試すといいと思います。(残念ながら思いつきませんでしたが)

・・・と、いろいろ書きましたが、一番良いのはネイティブスピーカーの友達などに考えてもらう、ですかね!
これ言っちゃったらこの記事全部台無しなんですけど、そんな相談できるネイティブ友達いねーよ!て人や、いきなりそんな質問するのビミョーかも、という人は、この3ステップをお試しください♪

ま、最終的には極力シンプルに「R」を「L」に変えるだけ、である程度はいけるような気がしますが!
(おせっかいですがRIEさんはLIEってのも嘘っぽいというかアレなのでLIEHとかどうでしょう・・・!?)

むふむふ

↓最後にElizabethをクリックしてブログランキングに投票お願いします♪
sumebanner_50pounds
Komariの本名はマリコではないことだけ、明記させていただきます。と。

広告