便利すぎるぜ “Cheers!”

こんにちは!
最近本ブログを冬仕様(雪を降らしてる)にしたところ、
Makさんに古いダサい即停止!と不評のため一瞬ためらうも果敢に抵抗中のKomariです。

さて、これまでイギリス生活で便利な表現の記事として「英国淑女の挨拶はHIYA」とか、
挨拶はALRIGHTでALRIGHT!」などと書いてきましたが、

忘年会シーズンまっただ中の、今回のフレーズはこちら!

Cheers!

どどどん。
実はこれが一番重要だったりして。

そうですそうです、みなさんおなじみ、
英語でお酒を飲む時は「Cheers!」だと習いましたね。

Pubから盛んに聞こえてきそうです。

Pubから盛んに聞こえてきそうです。

しかしこのフレーズ、「かんぱーい☆」以外の場面で使われることの方が多いんです。

観察していると、結構「男っぽい(=manly)」フレーズな気がします。(男性も女性も使いますが!)
単純に「ありがとう」「どーもねー」「さんきゅ」みたいな意味で使われるようで、レストランやスーパーのレジの去り際などですごくよく聞きます。場面や言い方によっては日本人が言いたい「すまんねありがとー」のシリアスになりすぎない程度に軽い「すまん」の微妙なニュアンスをつけたい場合にも有効です。

あと「じゃあね!」のニュアンスもあって、バスの運転手とか窓口の人とか道行く人(?)など、他人に何か対応してもらったときに、軽く感謝しつつその場を去る、という場合にもよく使われます。もちろん友人知人同士でも使いますが!
メールの最後も、Cheersて書いとくとこなれた感じが出て舐められません(Gumtreeの問い合わせ時など)。フォーマル相手にはNGですが。

と、いうわけでちょっとカジュアルに&さばさばした感じで「ありがとう」と言いたいときは、
Cheers + ウインク でもしとけばばっちり!なんじゃないでしょーか。

これであなたもブリティッシュイングリッシュ攻略に一歩前進です(?!)

カジュアルに使われる英語フレーズまだまだあります↓↓
DARLING, BABY, LOVE & WINK!

Click before you leave! CHEERS!
sumebanner_darling

広告