ロンドン有名食品メーカーInnocentのJapanese Ramenが偽物すぎると話題に

Innocentといえば、オシャレ風のパッケージにこだわりの材料を使ってるイメージの食品会社(特にスムージーなど飲料が有名らしい。ロンドンに住んでいる方なら、スーパーのジュース棚で一度はロゴを見たことがあると思います!)ですが、

そこが出している「Japanese Ramen」が1ミクロンも日本のラーメンではないことを、ここに記録させていただきたいと思います。

ご存知の人も多いでしょうけど、日本のラーメンは今、世界で寿司に張るくらい人気のある日本食です。(特に10代とか若い子たちは冷え過ぎカチカチでサーモンとマグロくらいしか魚ネタの無い外国の寿司より、ラーメンが好きです。まぁロンドンにある日系のラーメン屋で食べれるラーメンも正直微妙ですが)

だからでしょう、パッケージをご覧の通り、

I’m new

待望の新商品なわけです。

Innocent社らしいかわいげなパッケージ

Innocent社らしいかわいげなパッケージ

しかしよく見てください。
どんぶりらしきイラスト(ナイフ&フォークみたいに箸が突き刺さってるのはご愛嬌)のところには、

japanese ramen
udon noodle with shiitake mushrooms in a light miso souce

とあります。
あの・・UDON NOODLEは既にRAMENではありませんが・・・。

ちなみにスーパーにこれが並んでても、横から中身がチラ見できるので、まともな日本人はこれを買わずにすむと思います。
が、、久々にここまでひどそうなものを見つけた!と思ったので買ってみました。

スーパーで並んでる様子

スーパーで並んでる様子

箱から覗くそれは・・・

箱から覗くそれは・・・

一目瞭然!
どう見てもラーメンではないし、むしろうどんにも見えない!(言葉通り、うどんの麺も見えない)
椎茸と緑黄色野菜のミソスープな感じか・・・?

箱から取り出すとますます不審度UP

箱から取り出すとますます不審度UP

しょうがないのでとりあえずレンチン。

どろり

どろり

いいえ違います。
スープでもありません。これは、あん、といいます。
しかも味噌は隠し味程度で、味付けの主役は生姜だった。

そういえばパッケージ裏のイメージ写真(寺の庭園の池にかかる橋と桜)のキャプションで

Gaze upon these delicate blossoms and let the aroma of ginger and sesame waft up your nose as you feel yourself transported to this serene Japanese garden.

とありました。

この生姜フレイバーはけっこう重要らしいです。
食べても特に「気持ちは日本庭園・・・♡」とはなりませんでしたが、
うん、確かに日本庭園と桜には癒されたい。(感想ではなく願望です)

そして、探ってみますと、うどんと思しき10cmほどの麺は10本程度で、椎茸やら野菜(パプリカとか人参とか枝豆とか白菜?とか)などの具が8割でした。

最長10cmほどのうどんらしき物体

最長10cmほどのうどんらしき物体

もう一度確認ですが、この商品名は

Japanese Ramen

ジャパニーズラーメン

日本の拉麺

なんですよ!泣

Innocentさん(企業)がどのくらいリサーチしたのかは知りませんが、
最低限これは教えてあげたい。

日本では、麺料理は、麺がメインです。

マーケティングの結果、野菜たっぷりのヘルシー商品にしたくて中身を決定したんでしょうけど、
長崎チャンポンだろうがチャーシュー麺だろうが、基本的に具は麺を楽しむための極上の脇役なんです!

ぜぇ はぁ

いろいろ書きましたが、
これ私、八宝菜とか、あんかけ焼きそばの”あんONLY”とかを食べてるつもりで一応完食しましたよ。
味塩こしょう、醤油、ごま油で多少味を足しましたけども。
もしかすると白いご飯にのせれば中華丼と思って食べr

あれ?

これ中華だったっけ???

ぜぇ はぁ

【参考】Innocent社WEBサイトの商品紹介ページ(下の方にあるレビュー読むとかなり面白いです)

あ!そのまえに!

↓息も絶え絶えのMak&Komariに応援クリックお願いします
sumebaner
ラーメン食べたくなってきた。

広告