ロンドンの「〆め」方

こんばんは。こんにちは。おはようございます。

今日はロンドンでスムーズにお会計をするには、なお話です。

日本では、お会計したい時は近くの店員さんに向かって「しめ」のサインをしておりました。

こんな感じ

こんな感じ

一方ロンドンでは、レストランでお会計してもらう時、MakもKomariも店員さんをいちいち呼んで

Bill, please.

とか、

Can I have the bill, please?

とか言っていたのです。

しかし、忙しい店員さんを呼びとめてわざわざ来てもらうって、申し訳ない~
って思ってたのですよ。
できれば遠目でもわかってもらえるノンバーバルコミュニケーション希望!
って思ってたのですよ。

そして、リサーチした結果、ロンドナーたちのお会計ジェスチャーがわかりました。

これです!

左ききなのよ

左ききなのよ

遠くにいる店員と目を合わせて、何かを書くジェスチャーをする。

と、数分後に会計を持って来てくれます!

このとき、同時に口パクで「Bill please」とやれば完璧です。

サービスチャージ(ていうかチップ)10%ほどを上乗せして払うのもお忘れなく!
既にチャージされてる時もあるのでレシートをよく見てね。

ちなみにですが、Japanese Styleの「しめ」ジェスチャーは、
まったくもって通用しませんのでお気をつけて・・・
(念のため試したMak&Komariですが)

↓いつもクリックありがとうございます。
sumebanner_abyroad
日本ブログ村 イギリス情報ブログランキングへ

広告