ロンドンクレンジング事情

欧米人(とかまとめると怒られそうですが)はオイル使わないよ!
という話は来英前から聞いていたのですが

「メジャーじゃなくてもお店に一個もオイル置いてないってことはないだろ」

とたかをくくってコスメショップに行ったら・・・

置いてなかった。一個も。

他の皆さんもブログなどで書いてらっしゃいますがオイルを使わない理由は硬水だそうで。

というわけで郷に入れば・・てことで
持ってきたオイルが2週間ほどでなくなったからこっちのクレンジングを買ってみた。
オイル以外のクレンジングはほんとーに種類が沢山あり選びきれない。
でも安価+肌によさそう+オイル並みに汚れが落ちそう
の3点重視で選んでみました。

3本買って比較してみたので参考になればいいのですが。
※使用感には個人差があります。下記はあくまでも主2人の感想です。

①オレンジの
肌濡らしてから使うタイプ。
使用感:伸びはよい。一番もったりしている。ジェルとオイルの中間くらい。だんだん白くなって軽く泡立つ。お湯かぬるま湯で簡単に流せる。
洗い上がり:確実にメイク・角質は落ちてる。結構つっぱる。

②青いの
こちらも肌濡らしてから使うタイプ。
使用感:オレンジのよりかはジェルっぽい。爽やかな使用感。例えていうならシーブリーズみたいな感じ。こちらもちょっと白くなります(泡立たない)。お湯かぬるま湯で簡単に流せる。
洗い上がり:①と同じくらいちゃんと落ちてる。スースーさっぱり(シーブリーズだし)。つっぱり感はそんなない。

③オーガニックのやつ
乾いた肌に使う。
使用感:クリーム状。なめらか。
洗い上がり:ひりひりしました。肌に残る感じがするけど保湿効果?

※使用感や洗い上がりは二人ともほぼ同じでした(ひりひり感含)。
※二人ともメイクは薄い方です。
※値段は3つとも同じくらい(4〜5ポンド)だけど、2個買うと3個目タダだったので実質3ポンドくらい。

まとめると
①と②は収斂効果があるような。メイクはきれいに落とせましたし、角質も落とせるかなと思います。
ただ強い化学物質入ってそうな感じはする。①は目には使わないようにってことなのでアイメイク用のを別で用意する必要があるみたい。

(ちなみに、私はいつもファンデのパフが汚くなったらメイク落とし等を使って洗っているのですが、
先日①で洗ったら新品かと思うくらいすんごいきれいになって感動しました。なので、メイク落としとしては超優秀です。)

③は洗浄効果は合格ライン。オーガニックだから肌に優しいと思いきや痛かったので、リピはないです。

3本とも「角質」にはある程度効果がありそうなんだが、「角栓」となるとあんまり。
1週間も使うと肌がざらついちゃって(汚)、オイルの必要性を感じますね。

と、言う訳で日本でオイルメイク落としを使っている人で
イギリス流を試したい!という人以外は日本からオイルを持ってきた方がよいです。
(値段を気にしないならならShu UemuraとかRMKとかで購入可!25〜50ポンド)

追記:結局後日Shu Uemura買いました

ランキングに参加しています!下の画像をクリックするとこのブログに10ポイント入りますので、ぽちっとよろしくです。

広告